日常のことから、人との出会い、本からの学び書いています

崩壊

ここ25年でサラリーマンの生涯年収は1500万円以上下がった。
これは、1人の子どもを大学までさせることができないということであり、
首都圏では、ここ10数年結婚後子どもを育てるか、家の購入を優先するかという
大きな選択を迫られるようになっていた。

TVCMを見ていても、ほとんどが高額所得者向けのものが主流となっている。
セブンイレブンのパンの価格設定も100円→150円ラインへ舵をきった。
TOYOTAをはじめ自動車メーカーもハードユーザー向けの商品開発が中心だ。
高級車やスポーツカーの投入がそのことを物語っている。

日本という国家はバブル時期を30代後半から40代前半だとすると、
既に60代から65歳を超える辺りに突入したと言える。
政治も中曽根さんの行政改革辺りまでは、真面な危機感があった。
しかし、自民党分裂、日本新党が結成された辺りから迷走が始まった。

小泉政権までは、それでも国家を何とか経営しようという気概があった。
民主党は自分達なら、真面に経営できると考えていたが政権についてみると
目論見は見事にはずれ、既に国家の財政が正常に運営できないということをある意味覚った。
そして、緊縮財政の中で国民との約束を果たすという選択をした。

ところが、国民はそんなしみったれた暮らしは嫌だと言って自民党を復活させた。
しかし、現実から近未来の見通しは何も変わらないわけだから、とりあえず景気のいい中国を
真似て国家企業化を企てた。
しかし、中国という国家はまだ40代から45歳ぐらいだから、大いに無理があった。

日銀の施策、黒田さんの理想論もあくまで学説、一理論に過ぎず出口さえ見つけられない。
国家の財政の破綻を加速かさせただけだった。
「行き詰まっているのは日本だけではない。ヨーロッパだってアメリカだって似たようなものだ」
悪いのは我々ではないと政治家も官僚も言うだろう。

全ては政治家の甘い言葉にのった自分自身の責任だ。
政治家はつまらない未来を語れないから、美味しいことしか有権者に言わない。
官僚は現実と見通しを30年以上前から理解していたはずだが、
政治家に上手くスケープゴートに使われ、官僚=悪のイメージが喧伝された。
もう政治家の言いなりだ。(※一部文部省役人の氾濫はあったが・・・)

しかし、根本の問題は何かということ気づかずに進むことはあまりに危険だ。

崩壊
==========================

無料メルマガ『ほぼ日刊社長の仕事』の登録はこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/mail/

HPはこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/


マーケティング・経営 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

仕事をする気のない総理大臣

衆議院を解散して、選挙をするという報道が流れている。
北朝鮮問題が見通せず、何ら有効な手段が打てない中、
現政権与党の首相が主導で解散をするという。

先日、甥っ子に「世の中で仕事に真面目に取り組んでいる人は少ない。
ほとんどの人は、仕事をしているようで仕事をしていない。」
という話をした。

甥はアルバイトの身分で、1年弱職についていたが、
その経験を振り返り、「おじちゃんの言っている意味はわかる」
と答えていた。

政治家にも、やはり真面目に仕事をする人と、そうではない人がいる。
安倍さんは後者のタイプだ。
安倍さんの口から出てくる言葉は、自らの意識の投影に過ぎないことを
本人は理解していないようだ。

若いときから、仕事をしてこない人は仕事が何かが理解できない。
安倍さんも、その一人だが、困ったことに国の首相である。

後10年もすれば、忘れ去られるか悪行ばかりが晒されるかいずれかだ。

仕事をしない総理大臣
=====================

無料メルマガ『ほぼ日刊社長の仕事』の登録はこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/mail/

HPはこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/


マーケティング・経営 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

核を持とうとする人々

どのような問題に対しても、取り組む姿勢、解決への道筋をつける手順というものは、
どれほど複雑な問題においても変わらない。

「人間一事が万事」という箴言があるように、人はそれほど複雑な思考回路を持っていない。
むしろ、思考のパターンという呪縛から逃れられる人は少ない。

あらゆる重要なことが、まるでドラマや漫画のワンシーンと変わらない印象で伝えられていく、
遠い世界の、どこかで起きている物語の一つなのだ。

積みあがる国の借金、国債をヘッジファンドに売り込む財務省、森友、加計学園問題、
築地の豊洲移転問題、オリンピックの開催費用の負担問題。
重要な問題は全て闇から闇へと隠されて、やがて忘れ去られていく。

しかし、全ての問題が私たちが日本人である以上将来確実に負担を強いられる。
ドラマや漫画は幻想の世界だが、我々が生きる世界はリアルな世界であって、
そこから逃れることはできない。
核を持とうとする人々
=========================

無料メルマガ『ほぼ日刊社長の仕事』の登録はこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/mail/

HPはこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/



マーケティング・経営 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

北朝鮮問題に対する奇妙さ

北朝鮮問題は安倍政権の玩具になっている。
北朝鮮はあくまでアメリカとの対決、交渉が目的である。
そんなことは、この問題の最初から明らかなことだ。

そういう意味では日本は最初から相手にされていない。
平和主義を掲げ、戦争できない国家なのだから当たり前だろう。
ましてや、北朝鮮と事を構える気なんて全くない。

北朝鮮が日本を相手にする唯一の理由は在日アメリカ軍の基地があるからだ。
ミサイルは日本のはるか上空をゆうゆうと飛び越えていく。
アメリカに向けて発射したミサイルを落とそうとでもいうのか。
そんなことをすれば、北朝鮮も日本に対して攻撃をしてくる。

Jアラートなんて、鳴らして大騒ぎして、どこまで茶番を演じるのだろうか。
間違えてミサイルが落ちたところで逃げようなんてないだろう。
何処かに、逃げるシェルターでも準備してきたのだろうか。

本当に危機感があるのであれば、インドに外遊なんてこの時期にするだろうか。
夏休みなんて取るだろうか。
「圧力を強める」「抗議する」・・・・・
そんなどこか遠い国の代表と同じようなことを言っているだけで本当にいいのか。
本気なら唯一の道は本気で北朝鮮とアメリカの仲裁に入るだろう。

アメリカのステルスと一緒に戦闘機飛ばして軍事訓練をしてみたり。
日本は大事な時に、立ち止まって戦略を練るということをしない。だ
本質的に誰も責任を取りたくない。
勇ましいのは口だけで、行動は強者の顔色をみながらちょび、ちょびと。
もうちょっと真面目に取り組めないものだろうかと思ってしまう。

北朝鮮問題に対する奇妙さ
===========================

無料メルマガ『ほぼ日刊社長の仕事』の登録はこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/mail/

HPはこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/



マーケティング・経営 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

国家は誰のために必要か

北朝鮮を巡る問題が毎日報道されている。
孔子の時代から国の統治の問題はあった。
中国4千年の歴史は、国家経営の難しさを如実に示している。

ヨーロッパの統治も、民族闘争と権力闘争の歴史といっていい。
ヨーロッパの場合は、そこに宗教も絡んでいるため
さらに問題は根深い。

アメリカは先住民の地を奪って250年ほどの歴史しかない。
人工的に作り上げられて実験的な国家であるが、
最近まで積極的に移民を受け入れることによって活力を保ったが、
すでに国家運営は保守化しつつある。

日本は江戸時代まで比較的平和な統治が続いたようだが、
明治維新を通じてヨーロッパやアメリカ化による統治を真似た結果、
やはり国家運営は行き詰まり、2020年のオリンピック開催後は
さらに酷い状況が待ち構える。

人類は食料、エネルギーの問題をほぼ解決できる能力を持った現在において、
国家という枠組み、境界線こそがスムーズな食物、エネルギー、その他物品の
配分ややり取りの障害になっていると言っていいだろう。

現在の世界の秩序を握り、権力を手放したくないもの達の
人間としては醜悪な願望の実現のために、世界全体が支払う無駄な死、闘争、
貧困などあまりにも犠牲は大きい。

科学技術の進歩に比べ、人類そのものの進歩はあまりにも僅かである。
嘆かわしいことだ。

国家は果たして必要か
========================

無料メルマガ『ほぼ日刊社長の仕事』の登録はこちらか ↓
http://www.isseyhonda.com/mail/

HPはこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/


マーケティング・経営 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング
プロフィール

イッセイ・ホンダ

Author:イッセイ・ホンダ
経営コンサルタント
全米NLP協会公認トレーナー
「社長のビジョンの実現」「社長の参謀、軍師」として経営をサポートしています。このブログで新しい皆様との出会いがあれば大変嬉しいです。

HPはこちらから
   ↓
http://www.isseyhonda.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR