日常のことから、人との出会い、本からの学び書いています

フィールドワークのステップ

参与観察(調査者自身が調査対象の社会や集団に参加する)では、
まず、出会いが大きな位置を占める。

観察対象(ビジネスの世界では顧客、現場、競合などさまざまな場合がある)
への有効なアクセスと関係の確立が不可欠である。

インフォーマント(対象集団内の情報提供者)や集団との人間関係(ラポール)を
築くことが重要だ。

現場(フィールド)では、五感を駆使した体感によって暗黙知を獲得し、
情報を集めることが課題となる。

そこでは、適切な課題設定を行い、問題が少しづつ構造化されていくようにしたい。
つまり、現場で仮説形成するということだ。もちろん課題設定の変化はOK。

フィールドワークの過程では、つねにフィールドノートをつけるこが求められる。
メモ、ノート、テープレコーダーへの録音など適切に使い分けたい。

フィールドワークのステップ
=========================

無料メルマガ『ほぼ日刊社長の仕事』の登録はこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/mail/

HPはこちらから ↓
http://www.isseyhonda.com/


マーケティング・経営 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

イッセイ・ホンダ

Author:イッセイ・ホンダ
経営コンサルタント
全米NLP協会公認トレーナー
「社長のビジョンの実現」「社長の参謀、軍師」として経営をサポートしています。このブログで新しい皆様との出会いがあれば大変嬉しいです。

HPはこちらから
   ↓
http://www.isseyhonda.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR